Proto Labs

医療用途向けの試作と小ロット生産
~各製造手法の長所・短所を徹底比較~

技術資料:

(以下 * は必須)

療機器やその部品の開発では、高い精度に加え迅速な市場投入スピードも重要です。設計、試作、評価、修正…のサイクルをいかにスムーズに、高い費用対効果をもって行うか?そのスキーム作りやパートナー探しが、成否を大きく左右します。
 この技術資料では、射出成形、CNC切削加工、3Dプリンティングについて、医療用途向けの試作と小ロット生産での各技術の長短所を比較。検証と妥当性確認、形状・嵌合テストほか製品開発やFDA(米食品医薬品局)承認プロセスについても解説しています。

今すぐPDFをダウンロードしてお役立てください。  

© Proto Labs 1999-2019